ALEPA

アレパ
カンパーニャ州 カイアッツォ
ALE.P.A.は1986年からカンパーニャ州のカイアッツォで豊かな自然に囲まれた丘陵地帯でブドウを栽培しています。1990年代にほぼ絶滅してしまったパラグレッロ種というこの土地の珍しい土着品種の他に、ファランギーナ、グレコ、カベルネ・ソーヴィニョンが作られており、環境への配慮に注意を払い、全ての化学成分を排除した自然栽培にこだわっています。 今回日本初入荷になったワイン Privo は Senza(無)という意味で 2012 年から醸造工程においても SO2 の添加はゼロで造られています。 この素晴らしい環境をよりよく知っていただくために近年、アグリトゥーリズモもスタートしています。

FUORI DI RICCIO NV

フオーリ・ディ・リッチョ
品種
パラグレッロ・ビアンコ 100%

カイアッツォ 標高250m。樹齢18年~36年
収穫
手摘みにて9月末頃に収穫。
醸造
ソフトプレス後、野生酵母にて発酵。シュールリーでステンレスタンクにて熟成後、無濾過にて瓶詰め。瓶詰め時にSo2極少量添加。
生産本数
1500本
リッチョ・ビアンコ用に熟成させているパラグレッロビアンコの複数ヴィンテージを使用しています。若いヴィンテージも含まれている為、リッチョビアンコよりもパワフルでタンニンがはっきりと感じられ存在感のはっきりした味わいで、パラグレッロビアンコの味わいを身近に体験して頂きたいという生産者の思いから数量限定での生産となり、日本へは400本のみの入荷となります。

CASA DI CAMPAGNA BIANCO 2019

カーザ・ディ・カンパーニャ・ビアンコ
品種
ファランギーナ 50%、グレコ 50%

カイアッツォ 標高250m。樹齢36年
収穫
手摘みにて9月中旬頃に収穫。
醸造
ソフトプレス後、野生酵母にて発酵しマセラシオン。ステンレスタンクにて6ヵ月熟成後、無濾過にて瓶詰め。So2無添加。
生産本数
1500本
色見の濃い黄金色。オレンジの皮、レモン、カボスの柑橘フルーツと藁の香りにジューシーな果実味が広がり、しっかりと酸が支えている。旨味が詰まっていながらバランスも良く、アフターには完熟果実の甘みも感じスタンダードキュヴェながらも非常に満足度の高い1本。見た目はオレンジワインですが、癖が無く飲み心地が良いワインで2日目も全くバランスを崩すことなく味わいが持続していく。  Alc.13.5%

CASA DI CAMPAGNA ROSSO NV

カーザ・ディ・カンパーニャ・ロッソ
品種
パラグレッロ・ネーロ 50%、カベルネ・ソーヴィニヨン 50%

カイアッツォ 標高250m~280m。樹齢25年~36年
収穫
手摘みにて9月末頃に収穫。
醸造
ソフトプレス後、野生酵母にて発酵しマセラシオン。カベルネはステンレスタンク、パラグレッロネーロは500ℓのオーク樽にて熟成後、無濾過にて瓶詰め。So2無添加。
生産本数
1500本
縁が淡いガーネットがかったルビー色。黒糖、腐葉土、キノコやブルーベリーにインクの熟成感のある香り。タンニンが非常にシルキーでなによりも抜栓直後から完全に飲み頃の状態になっており、全く引っ掛かりが無くスムーズに体に吸収されていくというようなイメージすら感じる綺麗な味わい。密度のある葡萄の完熟度はしっかり感じさせながら酸も綺麗に表現し、しっかりとバランスを重視したALEPAのスタイルを感じられる1本。2日目も密度のある綺麗な熟成感をお楽しみ頂けます。  Alc.14%

RICCIO BIANCO 2015

リッチョ・ビアンコ
品種
パラグレッロ・ビアンコ 100%

カイアッツォ 標高250m。樹齢18年~36年
収穫
手摘みにて9月中旬に収穫。
醸造
ソフトプレス後、野生酵母にて発酵。シュールリーでステンレスタンクにて12ヵ月熟成後、無濾過にて瓶詰め。瓶詰め時にSo2を極少量添加。
生産本数
5000本
熟成感のある赤みがかった濃いオレンジ色。香ばしい栗やバニラ、完熟マンゴーや柑橘フルーツのアロマ。ダシのような旨味と馴染んだソフトなタンニン、丸みのある芳醇な果実の味わいが重なり、抜栓直後からパラグレッロビアンコという品種のポテンシャルを十分に発揮している。日本食にも寄り添うような繊細なバランスと綺麗な酸も兼ね備えています。  Alc.14%

PRIVO BIANCO 2018

プリヴォ・ビアンコ
品種
パラグレッロ・ビアンコ 100%

カイアッツォ 標高250m。樹齢18年~36年
収穫
手摘みにて9月中旬に収穫。
醸造
ステンレスタンクで野生酵母にて発酵後8 日間マセレーション。ステンレスタンク&栗の木樽熟成、ノンフィルターでボトリング、So2不使用
生産本数
1200本
オレンジがかった黄金色。麦やオレンジの皮、インキーなアロマが立ち、厚みのある香り。アタックは果実味・ミネラルが分厚く筋肉質な印象で、タンニンもはっきりと感じられる。重厚感のある味わいだが、後からそれ以上の綺麗な旨味が全体を覆い、飲みつかれる要素を感じさせず長い余韻に続いていく。2日目には夕張メロンのような芳醇なアロマが現れる。亜硫酸無添加ながらネガティブな要素が全くないオレンジワイン。

PRIVO ROSSO 2019

プリヴォ・ロッソ
品種
カベルネ・ソーヴィニヨン 100%
カイアッツォ 標高250m。樹齢36年
収穫
手摘みにて10月下旬に収穫。
醸造
ステンレスタンクで野生酵母にて発酵後同容器にて熟成。ノンフィルターでボトリング、So2不使用
生産本数
1000本
綺麗な酸のあるワインで、旨味と完熟した赤い果実の要素が滋味深く広がっていき、カベルネソーヴィニヨンのコクのある味わいも上品なテイストで現れる。ボトル1本を通して心地よく寄り添っていき、2日目はジューシーな果実の要素がより鮮明になり、バランスを崩すことなく楽しめるワイン。Alc14%